事務所理念

弊事務所は、デジタル社会形成価値創出を目指す企業さまへ、IT(情報技術)やDX(デジタルトランスフォーメーション)を手段として、最大限活用しITガバナンス態勢(組織体制や業務プロセス、企業文化の醸成等)の整備をご支援することにより、地球に優しいデジタル社会形成価値創出に貢献します。

所長メッセージ

社長


2021年5月にデジタル社会形成基本法およびデジタル庁設置法案が成立の見込みであり、9月にはデジタル社会形成を推進するためデジタル庁が設立されます。

当事務所は、デジタル社会形成価値創出を目指す企業さまのお力に少しでもなれればとの想いで個人事務所として設立いたしました。

私こと所長の稲葉は、長年、大手損害保険会社において、システム開発・運用をはじめ、損害保険事業会社やグローバル保険グループ持株会社、国内システム子会社や米国ニューヨークのグループ会社など様々な立場から、ITガバナンス態勢整備やシステムリスク管理の態勢整備を実践してきました。

定年退職後は大手監査法人にて、保険会社を中心に金融機関のIT経営者へITガバナンス態勢整備に関するアドバイザリーサービスを提供してきました。さらに、直近の3年間は内閣官房IT総合戦略室の政府CIO補佐官として、外務省および政府全体のITガバナンス態勢の整備・運用に携わっています。

ITガバナンス態勢整備支援を通じて、皆様のITやDXの取組みに是非ともお役に立ちたいと考えています。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

2021年4月1日

技術士事務所
稲葉ITガバナンス研究所
所長 稲葉 裕一